HAIR DESIGN Special Menu

ヘアデザイン

Created by design balance魅力を醸し出すヘアデザインは
バランスできまる

その人の魅力を最大限に引き出すためには、カット・カラー・動きのすべてをバランスよくデザインすることが重要。それぞれのデザインポイントで”理想”と”似合う”を上手く組み合わせます。

SCROLL

© 2019 FELICITA

バランスを“見極める”

「キレイ」と「似合う」を満たす
“黄金比率メソッド”

顔には美しく見えるキレイの黄金比率があります。
FELICITAでは、その黄金比率に近付けるヘアデザインを導き出して、落とし込みます。

アイゾーンを均等にする

美人度をあげるヘアデザインの秘密。
それは...『5:8の黄金比率』

顔立ちがキレイに見える黄金比率は、目の外側〜外側の横が「5」、髪の生え際〜顎下の縦が「8」のバランスと言われています。この比率に近付けることで、一目から美人印象をつくることができます。

For example

Approaching Methods

アプローチ方法

お一人おひとりの骨格や輪郭といった“顔型”を分析して
5:8の黄金比率に必要なアプローチ方法を捉えます。
アプローチ方法例をご紹介。

丸型顔

Approach 01縦の長さが足りない丸型顔さんは...

縦ラインを意識して
長さをプラスする

“額を見せる” “フェイスラインの髪に長さを出す”ことで視覚を縦に見せることができて、丸顔の印象を和らげます。

面長型顔

Approach 02縦の長さが目立つ面長型顔さんは...

横ラインを際立たせて
肌面積を縮小する

”額を隠す””顎ラインに毛先をおく”ことで横ラインがつき、見える肌面積が小さくなるため、縦の長さを抑えます。

ホームベース型顔

Approach 03頬下の顔面積が広いホームベース型顔さんは...

毛先を頬に沿わせて
フェイスラインをぼかす

”フェイスラインにレイヤーを入れる”などで毛先を使うことで輪郭をぼかし、頬下の横幅を小さく見せます。

逆三角形型顔

Approach 04耳下の顔面積が狭い逆三角形型顔さんは.

毛先に動きを出して
耳下ラインを広げる

”耳下の毛先に動きをつける”ことで顎周りに動きがつき、視覚を外に広げることができ、顔の横幅が揃います。

黄金比率を落とし込む

似合わせバランスをつくるデザインのワザ

黄金比率に近付ける理想のバランスを捉えたら、カット・カラー・動きの全方位からあなただけのキレイをデザインします。
美しいバランスで本来の個性をより輝かせ、わざとらしいキレイではなく自然に素敵にみせるバランスを見い出します。

カットデザイン

CUT design

形を表すシルエットは
輪郭印象まで左右する

髪のラインをつくるシルエットは、雰囲気テイストを決めることはもちろん、顔の輪郭や全身のスタイルバランスさえも操る重要なデザイン要素です。どんな雰囲気になりたいのか、どんなスタイルに見せたいのかなど、理想の印象を映し出すシルエットをカット技術で表現。

Create your own

Silhouette

Technique 01

額の見せ方で印象コントロール

フロントパーツ

前髪の変化は最も印象を変えると言われるほど。額を見せるか隠すか、見せ方でも印象は異なります。お顔立ちと理想テイストから最適なフロントデザインをご提案します。

Technique 02

輪郭を決めるサイドアプローチ

フェイスライン

フェイスラインのヘアをどう添わせるかで輪郭印象さえも変えられる。サイドに動きを持たせるデザインでシャープな輪郭をつくります。

Technique 03

視点を操り全身バランスアップ

毛先の高さ

毛先の位置が変わると全身のスタイル印象も変わります。肩下にくるロングスタイルはそれだけで女性らしさを感じさせ、ショートスタイルは視点を上に上げるため身長アップ効果も。

カラーデザイン

COLOR design

肌色に合わせた似合わせカラーは
垢抜けた印象をつくる

肌や目の色も一人ひとり異なります。その人の色に調和するヘアカラーにすると一気にバランス美人に。自分らしさやファッションテイストを表現するヘアカラーを取り入れると、より洗練されたお洒落髪にも。どなたでも理想のカラーになっていただくため、豊富なカラー剤を取り扱っています。

How to make a

Mood

  • 明るさディレクション

    自分好みのテイストを表現

    明るさディレクション

    髪色の明るさは、最初に目に入るので印象を造る重要な要素です。ご要望のテイストや明るさを、肌色に合わせてご提案します。

  • 彩度バランス

    立体感を映し出す

    彩度バランス

    ハイライトやローライトで彩度に変化をつけると、色味に奥行きがつき、動きある立体ヘアに。外国人風のお洒落髪が叶います。

  • ダメージレスカラー

    質感印象を変える

    ダメージレスカラー

    質感の印象はヘアカラーでも表現できます。ダメージが少ないカラー剤で、ツヤを守り髪表面に光を与えます。潤い質感に魅せます。

パーマデザイン

PERM design

柔らかく動くパーマは
女性らしいニュアンスを添える

ふわりと揺れる髪は柔らかな抜け感をつくり、思わず見入ってしまうような女性らしい印象を与えます。カットやカラーによる似合わせデザインに動きをつけることでさらにバランスアップ。毛先まで操るパーマデザインが、動くたびに表情を変える大人なエアリーヘアをつくります。

What is the

Nuance

  • 毛先アプローチ

    視線を動かす

    毛先アプローチ

    毛先の動きは、軽やかで柔らかい印象をつくります。揺れる毛先と一緒に視線を散らすことで、トータルバランスが整います。

  • バングコントロール

    前髪に自然な丸みを

    バングコントロール

    空気感がある前髪は、その丸みで穏やかで優しい印象に。額やフェイスラインに動きが付くだけで女性らしさがアップします。

  • ボリュームアップ

    品の良さを映す

    ボリュームアップ

    全体がふんわりした髪は、しなやかで上質な女性をイメージ付けます。トップにボリュームが付くことでスタイルアップにも。